キャッシングの審査を受ける際に注意したいポイントまとめ

キャッシングの審査に通過しなければ、キャッシングを利用できません。そのため、審査に通過できるのか心配に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、キャッシングの審査を受ける際に注意したいポイントについてまとめました。キャッシングの申し込みの際に、ぜひ参考にしてみてください。

①キャッシングの審査を受ける際に注意するポイントを知る
②なぜ注意すべきかポイントごとの理由を知る
③ポイントを押さえつつ申し込みをする

キャッシングの審査を受ける際に注意したいポイント

キャッシングの審査を受ける際に、注意したいポイントを4つ紹介します。

申し込み内容に間違いがないことを確認する

内容に間違いがないことを確認してから、申し込むようにしましょう。申し込み内容に間違いがあると、確認に時間がかかり審査が長引いてしまうためです。

また審査に通りたいからといって、年収や勤務先をごまかすなど嘘の内容を書くことは絶対にやめてください。審査の過程で虚偽の内容はバレる確率が高いです。そして悪質だと判断された場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。

必要書類を揃えておく

申し込み前に、必要書類は不備なく揃えておきます。キャッシングで必要な書類は、本人確認書類です。本人確認書類として、以下のようなものが挙げられます。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 保険証
  • 在留カード/特別永住者証明書

さらに以下の項目に当てはまる場合は、本人確認書類のほかに収入証明書類が必要となります。

  • 50万円を超える借入れ
  • 他社とも合計して100万円を超える借り入れ
  • そのほかキャッシング業者が必要と感じた場合

収入証明書類として挙げられるものは、以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書+賞与明細書

収入証明書類は、すぐに揃えるのが難しいものも多いです。そのため借入希望金額を低めに記入して、収入証明書類の提出を回避することも手です。

在籍確認に備える

在籍確認に備えることで、スムーズに審査を進められます。在籍確認とは、キャッシングの申込者が実際に職場で働いていることを確認する作業です。在籍確認ができない限り、審査に通過することはできません。

ほとんどの場合、在籍確認は電話で行われます。そのため、職場の誰かが在籍確認の電話に出られるようにしておかなければなりません。

電話での在籍確認が難しい場合は、キャッシング業者によっては書類での審査に切り替えてくれる場合があります。すべてのキャッシング業者で切り替えてくれるというわけではないため、事前に相談してみるとよいでしょう。

短期間で複数社に申し込まない

「審査に落ちたときのために、複数のキャッシング業者に申し込む」と考える人もいますが、短期間での複数社への申し込みはおすすめしません。複数社への申し込みは、審査に落ちる可能性があるためです。

キャッシングの審査では、信用情報が参照されます。これは申し込み者の金融に関する取引が記録された情報で、キャッシングの申し込み情報も記録されています。

短期間で複数社への申し込み履歴があると「お金に困っている」や「キャンペーン目的で申し込んでいる」と判断される場合があります。このようなマイナスの印象を持たれると、審査に落ちる可能性があり危険なのです。

キャッシングの審査を受ける際のポイントを4つ押さえて、申し込みをしてみてください。

まとめ

・必要書類を用意して、申し込み内容に間違いがないことを確認してから申し込む
・在籍確認に対応できるようにする
・短期間で複数社に申し込まない

申し込み時は、本人確認書類や収入証明書といった必要書類を用意して申し込むようにしましょう。申し込み内容に間違いがないことも、しっかりと確認することが大切です。

申し込んだ後は、在籍確認に対応できるようにします。ほとんどの場合は電話で在籍確認が行われますが、相談することで書類での在籍確認に切り替えてくれる可能性があります。

また「審査に落ちるのが不安」といって、複数業者に同時に申し込まないようにしましょう。審査に落ちる可能性が高まり、危険です。