初心者必見!キャッシングの審査に通るコツを解説

「キャッシングの審査に通りたい」そんな風に考える人も多いのではないでしょうか。確かにお金が必要なときに、審査に落ちると困ってしまいますよね。

この記事では、一般的にいわれているキャッシングの審査に通るコツを解説しています。キャッシング初心者の人は、ぜひ参考にしてみてください。

①キャッシングの審査基準は?
②キャッシングの審査に通るコツを知る
③コツを押さえて審査に備える

キャッシングの審査に通るコツ7つ

キャッシングの審査基準は、各キャッシング業者によって異なります。そしてその基準は公開されていません。

ここでは一般的にいわれているキャッシングの審査に通るためのコツを、8つ紹介します。

申込条件を確認する

まずは申し込み条件を確認しましょう。各キャッシング業者は商品ごとに申し込み条件を設けています。条件は様々ですが、以下のような条件の場合が多いです。

  • 安定した収入がある人
  • 20歳~69歳までの人(学生は除く)

申込条件に当てはまらない場合、絶対に融資を受けることができません。そのため、必ず申し込み条件をチェックしてから申し込むようにしましょう。

申し込み内容に間違いがないようにする

申し込み内容に間違いがないように、記入した内容を何度かチェックすることをおすすめします。申し込み内容に不備があると、確認に時間がかかり審査が長引きます。

時間がかかるどころか「虚偽の内容を記載している」と判断され、審査に落ちてしまう可能性さえあるのです。そのため申込内容に不備がないことを確認する、そして虚偽の内容を絶対記載しないようにしましょう。

信用情報に傷をつけない

信用情報に傷をつけないように、日ごろから気を付ける必要があります。信用情報とは、過去の金融に関する取引が記録された情報です。審査の際に必ずチェックされ、悪い金曜情報があれば審査に落ちる可能性が高まります。

信用情報に傷を付ける行為は、いくつかあります。最もよくあるものが「支払いの延滞」です。クレジットカードや携帯料金など、支払いを数か月延滞していると信用情報に傷が付きます。常日頃から、しっかりと支払いをするようにしましょう。

属性情報を高くしておく

属性情報を高くしておくことも、審査に通るコツです。属性情報とは年齢・性別・職業・年収といった、申込者の様々な個人情報です。属性情報は審査の際にみられるため、できる限り高めておくと有利になります。

例えば賃貸よりも持ち家のほうが属性情報が高い、勤続年数が長いほど属性情報が高いなど、属性情報を高める方法はいくつかあります。無理のない範囲で高めておきましょう。

借入希望額を低めに記入する

希望借入額が低いと、審査に通る可能性が高まります。借入希望額が高ければ高いほど、審査が厳格に行われるためです。また、以下の3点にも気を付けましょう。

  • 年収の3分の1までにする
  • 50万円までにする
  • 他社との借り入れを合わせても100万円までにする

法律で年収の3分の1を超える借り入れは禁止されています。また50万円を超える借り入れや他社と合わせて100万円を超える借り入れは、収入証明書の提出が必要となります。

他社からの借り入れを減らす

審査に当たって、他社からの借り入れを減らすこともポイントです。他社からの借り入れは、信用情報に記録されます。

信用情報は審査でチェックされるため、他社からの借り入れがあると「お金に困っている」や「借入金が多く返済できない可能性がある」と判断される場合もあるのです。そのため、審査前にできる限り返済しておくことをおすすめします。

短時間で複数の申し込みをしない

「審査に落ちるのが不安」だからといって、短期間で複数の申し込みはやめましょう。審査に落ちる可能性が高まってしまうためです。

キャッシングへの申し込み情報は、信用情報に記録されます。信用情報が審査でチェックされた際に、何社も申し込んでいると「何社も申し込むほどお金に困っている」や「キャンペーン目的の申し込み」と判断される可能性があります。できれば1社に絞って、申し込みすることをおすすめします。

まとめ

・キャッシングの審査基準はキャッシング業者によって異なる
・各キャッシング業者は審査基準を公表していない
・キャッシングの審査に通るコツを押さえることが重要

キャッシングの審査基準は、キャッシング業者によって異なります。各キャッシング業者は審査基準を公表していません。そのため、一般的にいわれている審査のコツを押さえる必要があります。

一般的にいわれている審査に通るコツは、7つです。申し込み条件を確認する・申し込み内容に間違いがないことを確認する・信用情報に傷をつけない・属性情報を高くする・借入希望額を低めに記入する・他社からの借り入れを減らす・短期間で複数の申し込みをしないです。コツを押さえつつ、キャッシングに申し込んでみてください。