キャッシングの審査に通らない原因とは?解決策を紹介

キャッシングを利用する際「審査に通るか不安」と考えている人も多いのではないでしょうか。審査に通らなければキャッシングが利用できないため、確かに不安に感じてしまいますよね。

そこでこの記事では、キャッシング業者の審査に通らない原因を解決策について解説しています。審査に不安を感じている人は、この記事を読んで対策してからキャッシングの申し込みをしてみてください。

①キャッシングの審査でみられるポイントを知る
②キャッシングの審査に通らない原因を知る
③キャッシング審査に通るための解決策を知る

キャッシングの審査の目的とは?

キャッシングの審査では「借り手の返済能力の有無を調べる」ことです。貸し手の貸し倒れや借り手の多重債務を防ぐ目的で調べられます。

キャッシングの審査で調べられることは「借り手に安定した収入があるかどうか」や「過去に金融事故を起こしていないかどうか」です。借り手に安定した収入がないと返済できなくなる可能性や、過去に金融事故を起こしていると再度金融事故を起こす可能性があると、キャッシング業者は考えます。

キャッシングの審査では、貸し手の貸し倒れや借り手の多重債務を防ぐ目的で借り手の返済能力の有無を調べます。

キャッシングの審査に通らない原因とは?

キャッシングの審査基準は、キャッシング業者によって異なります。そしてその基準をキャッシング業者は公開していません。

しかし、一般的にキャッシングの審査に通らない原因とされるものはあります。具体的によくある原因は、以下のとおりです。

  • キャッシングの条件に当てはまっていない
  • マイナスの信用情報がある
  • 借入希望金額が高い
  • 申し込み内容に間違いがある
  • 在籍確認ができなかった

上記に当てはまった場合、キャッシングの審査に落ちるリスクが高まります。そのため、上記に当てはまらないように注意することが重要です。

キャッシングの審査に通らない原因とされるものはいくつかあります。落ちる原因をできるだけ避けることが重要です。

キャッシングの審査に通りやすくなるコツ

先述したキャッシングの審査に通らない原因も踏まえたうえで、キャッシングの審査に通りやすくなるコツを紹介します。

マイナスの信用情報がつかないように気を付ける

マイナスの信用情報がつかないように、日ごろから気を付けるようにしましょう。

信用情報とはキャッシングやローンなど、過去のお金のやり取りに関する情報が記録されたものです。個人単位で信用情報があり、キャッシングの審査時に必ず照会されます。

支払いを長期延滞や自己破産など、金融事故を起こした場合はマイナスの信用情報が記録されます。マイナスの信用情報があると審査に通りにくくなるため、クレジットカードやローン、携帯代などの支払いを日ごろから滞りなく行うことが重要です。

借入希望額を低めにする

借り入れ希望額が低いと、キャッシングに通りやすくなる場合があります。審査では返済能力が問われるため、借入希望金額が高ければ高いほど審査が厳密に行われるためです。

また借入希望額を決定するにあたってポイントとなるのが「総量規制」です。

総量規制とは借り入れ金を年収の3分の1までとする規制です。例えば年収300万円の人であれば、100万円までしか借りることはできません。そのため、借入希望額も年収の3分の1を超えないように記載する必要があります。

在籍確認に備える

審査で行われる在籍確認に備えましょう。在籍確認とは、借り手が職場で働いていることを確認するために行われるものです。多くの場合は電話で行われるため、キャッシング申し込み後しばらくは、職場の誰かが電話に出られる環境を整えておく必要があります。

またキャッシング業者によっては、書類で在籍確認を行ってくれる場合もあります。電話での在籍確認が難しい場合は、書類で在籍確認を行ってくれるキャッシング業者を選びましょう。

コツを抑えて、キャッシングの審査に通る確率を高めましょう。

まとめ

・キャッシングの審査は貸し手の貸し倒れや借り手の多重債務を防ぐ目的で行われる
・キャッシングの審査に通らない原因を避けることが重要
・キャッシングの審査に通りやすくなるコツも抑えておく

キャッシングの審査では借り手の返済能力の有無を調べます。返済能力を調べることで、貸し手の貸し倒れや借り手の多重債務を防ぐことが目的です。

キャッシングに通らない原因は、いくつか挙げられます。原因を知ったうえで、信用情報に気を付ける・借入希望額を低めにする・在籍確認に備えることが、審査に通るコツです。