キャッシングの審査とは?審査内容や受かる基準を解説

キャッシングの審査に通るのか、このような不安を抱えている方は数多くいます。

キャッシングの審査は、各キャッシング業者によって行われます。

誰しもが必ずキャッシングを利用できるわけではなく、この審査を通った方だけがキャッシングで借り入れが可能なのです。

この記事では、キャッシングの審査内容や受かる基準について、詳しく解説します。

キャッシングの審査に不安を感じている方、ぜひ参考にしてみて下さい。

①キャッシングの審査の内容
②キャッシングの審査に受かる基準
③キャッシングの審査に受かるためのコツ

キャッシングの審査の内容は?

キャッシングの審査の基準について、詳しくは公表されていません。

しかし、大きく分けて3つの内容についてみられるといわれています。

  • 返済能力があるか
  • 裁量規定に抵触しないか
  • 過去の返済履歴

キャッシングの審査の内容について、詳しく解説します。

返済能力があるか

キャッシングの審査では、返済能力の有無がチェックされます。

返済能力のない人に貸して貸し倒れにあった場合、キャッシング業者の経営は成り立たなくなってしまいます。

そのため、返済能力については厳しく審査されると考えて良いでしょう。

返済能力の有無は「安定した収入があるかどうか」で判断されます。

年収の多さよりも、少額でも良いため一定期間で一定額の収入があることが、重要視される傾向にあるようです。

裁量規定に抵触しないか

裁量規定とは、貸し付けられるお金を「年収の3分の1まで」と定める決まりです。

これは「貸金業法」で、各キャッシング業者に厳格に定められています。

裁量規定にのっとると、年収300万円の人が借りられる上限金額は、100万円となります。

この裁量規定は、1社からの借入ではなく、債務者の全ての借入金に対し適用されるものです。

そのため審査では、他のキャッシング業者からの借入金も調査され、裁量規定に達している場合審査に通過しません。

過去の返済履歴

キャッシングの審査では、過去の返済履歴も基準の1つとなります。

過去に滞納や債務整理等を行っていると、信用情報に傷が付いている場合があります。

これがいわゆる「金融ブラック」という、ブラックリストにのった状態です。

この信用情報およびブラックリストは、各金融業界で共有されています。

そのため、他社での滞納履歴等が見つかってしまうというわけです。

ブラックリストにのっている場合、審査に通過しない可能性が高くなります。

そのため、できる限り返済の滞納等をしないように、気を付けましょう。

キャッシングの審査に受かるためのコツを紹介

キャッシングの審査に受かるためのコツは、いくつかあるといわれています。

その中で代表的なものを、3つ紹介します。

  • 正確に申請内容を記載する
  • 借入希望額は少なめにする
  • あらかじめお試し審査を受けておく

キャッシングの審査に受かるためのコツについて、詳しく解説します。

正確に申請内容を記載する

申請内容は、必ず正確に記入するようにしましょう。

故意である・ないに関わらず、申請内容に間違えが合った場合、審査に落ちてしまうためです。

また、審査に受かりたいからといって、年収を多く偽ったり、他社からの借入を隠したりする方がいます。

これらは審査の過程で高確率でバレてしまうため、正しい内容を記入することがおすすめです。

また虚偽の内容で審査に通ったとしても、融資途中で間違いがバレた場合、契約の中止や最悪の場合、借入金の一括返済が求められることも考えられます。

借入希望額は少なめにする

借入希望額を少なめに記入した方が、審査に受かりやすいといわれています。

キャッシング業者は、裁量規定の範囲内で貸し付けを行うと先述しました。

しかし最初から裁量規定の範囲いっぱいにお金を貸してくれるということは少なく、多くはその基準よりも少ない額から借入がスタートします。

そのため、最初から借入希望額を少なめに記入しておいた方が、審査に通りやすいとされるのです。

あらかじめお試し審査を受けておく

大手キャッシング業者の多くでは、お試し審査が受けられるようになっています。

ネット上で簡単な項目を記載するだけで、数十秒で簡単な診断結果が表示されるものです。

無料で特に実店舗へ赴く必要もないため、審査に不安がある場合は受けておいて損はないでしょう。

まとめ

● キャッシングの審査の内容は公表されていない
● しかし大まかに分けて3つの基準で審査が行われるとされている
● キャッシングの審査に受かるコツを押さえると良い

キャッシングの審査内容は、公には公表されていません。

しかし大まかに分けると、返済能力があること、裁量規定に抵触しないこと、過去の返済履歴に問題がないことの3項目についてみられます。

この3項目の基準を満たすことができるように、キャッシングの審査に受けるコツを押さえつつ審査を受けてみて下さい。