消費者金融で借りたお金の返済方法を解説

消費者金融には、様々な返済方法が用意されています。

しかし返済方法が多すぎて一体どの方法を選べば良いのか、迷ってしまうことがありますね。

返済方法の中には「土日でも返済できる」、「返済手数料0円」といったお得なものもあります。

その時々の場合によって使い分けることで、お得にお金を返していけるでしょう。

この記事では消費者金融で借りたお金の、返済方法について詳しく解説します。

①大手消費者金融3社の返済方法をチェック
②早く返済を終わらせる方法を知っておく
③滞納した場合のデメリットを知っておく

おすすめ消費者金融3社の返済方法

おすすめの消費者金融3社の、返済方法をまとめました。

3社とも大手のため、ニーズに合わせて返済方法が各種取り揃えられています。

返済方法プロミスアイフルSMBCモビット
口座振替※無料・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行
直営ATM※無料×
提携ATM
コンビニATM〇※無料〇※有料〇※有料
インターネット〇※無料×〇※無料
振込
店頭窓口〇※無料×

各消費者金融によって、返済方法や各種手数料が異なることがおかわりいただけたと思います。

その中で自身の返済方法に合ったものを選ぶと良いでしょう。

例えばコンビニで返済することが多い場合、コンビニATMでの返済手数料が無料のプロミスを利用することをおすすめします。

他にもインターネットで返済を行いたい場合、プロミスやSMBCモビットを利用するなど、個人に合わせて様々な選択が可能となっています。

自身の返済と合わせて、消費者金融や返済方法を選ぶことがおすすめです。

早く返済を終わらせる方法とは?

消費者金融で借りたお金は、できる限り早く返済した方が良いとされています。

長期で借りれば借りるほど利息の総額が増えるためです。

ここでは早く返済を終わらせる方法を2つ紹介します。

早く返済を終わらせて、返済総額をできる限り抑えましょう。

最低返済額よりも多く返済をする

各キャッシング業者では、毎月の最低返済額が設定されています。

早く借金を返済するためには、その最低返済額よりも多くのお金を返すことがおすすめです。

特に、最低返済額が低めに設定されているキャッシングの場合、何年たっても借金が返済できないといったことが多々見受けられます。

それでも借金が減っていけば良いのですが、追加で借入して多重債務を負い破産するといったケースもあり得るのです。

身体を壊すほど無理をしてでも多く返済するべきとはいいませんが、最低返済額に甘えることなく、できる限り借金を減らしていけると良いですね。

任意返済を積極的に行う

任意返済とは資金に余裕がある時に、臨時に追加返済ができる制度です。

任意返済を行うことで借金総額を減らすことができ、それにともない最終的な利息も減らせます。

返済を行うべきタイミングは「ボーナス月」です。

毎月の給料に加えボーナスが振り込まれる月は、借金の大幅減額のチャンスでもあります。

何か欲しいものがあったとしても、生活するうえで必要なものでない限り、借金返済に回した方が、最終的には賢い選択といえるでしょう。

返済を滞納した場合のデメリット

借金返済を滞納した場合、信用情報に「異動情報」や「参考情報」が記録されます。

これらの記録は、返済を怠った人物という証であり、いわばブラックリストにのったことと同じです。

この「異動情報」や「参考情報」は、契約終了から5年間は消えることがありません。

そのためその間はローンが組めなかったり、借り入れの増額申請が通らなかったりします。

最悪の場合、契約打ち切りで一括返済が求められることもあるのです。

各消費者金融は、様々な借金返済方法を用意しています。

返済を忘れていて滞納してしまった、面倒くさいから返済していない、このようなことがないように気をつけましょう。

返済滞納はリスクが高いため、うっかり返済し忘れたということがないように気を付けましょう。

まとめ

● 各消費者金融は様々な返済方法を用意している
● その中から自分に合った返済方法を選ぶと良い
● 借金は早く返済した方が、最終的な返済総額が減る

各消費者金融は口座振り込みからコンビニATMまで、様々な返済方法を用意しています。

中には返済手数料が無料のものもあるため、自分の生活スタイルやリズムに合った返済方法を選んでみて下さい。

また、借金の返済はできる限り早めに終わらせた方が、総返済額を少なくすることに繋がります。

そのためにも最低返済額より多く返済したり、任意返済を積極的に使うようにすることがおすすめです。