キャッシングの金利とは?平均はどのくらい?

キャッシングの金利は低い方が良い、こんな言葉を聞いたことはありませんか?

キャッシングの金利は返済総額に関わるため、できる限り金利が低い方がお得です。

そのため金利は、キャッシング業者を選ぶ際に非常に重要な項目となっています。

とはいっても金利とは何か、そしてその基準値などを知らないと、低い金利のキャッシング業者を選ぶことも難しいです。

この記事では、そもそもキャッシングの金利とは何か、そしてその平均値や低い基準について、詳しく解説します。

①キャッシングの金利とは何か
②キャッシングの金利の基準値をチェック
③おすすめキャッシング業者の金利をチェック

キャッシングの金利とは何か

どのキャッシング業者の金利が低いのか見定めるためにも、金利について理解を深めることが重要です。

ここでは

  • 金利と利息との違い
  • 金利と実質年利の違い

に分けて、キャッシングの金利について解説します。

キャッシングの金利について理解を深めましょう。

金利と利息との違い

まずは「利息」について説明します。

利息とは、お金を借りた際にお礼として支払うものです。

例えば100万円借りて110万円返した場合、利息は「110万ー100万=10万円」となります。

そして金利とは、返済総額における利息の割合を示したものです。

先ほどの例で表すと「100万円×10%=10万円」となります。

つまり、利息は「10万円」で金利は「10%」と表されるのです。

金利と実質年利の違い

キャッシング業者のホームページを見ると、金利ではなく「実質年利」と記載されている場合が多いです。

実質年利は、利息に様々な手数料を加えた金額の、返済総額における割合を示します。

言い換えると「実質年利=(金利+手数料)を年間で均したもの」です。

多くのキャッシング業者は、各種手数料を無料にしているため「実質年利=金利」と考えても間違いではありません。

つまり、各キャッシング業者の金利を調べる際は「実質年利」の欄を見れば良いのです。

金利の基準値ってどれくらい?

金利の基準値も知らなければ、金利が安い・高いを判断できません。

ここでは、キャッシングの金利の上限値と、平均値について解説していきます。

キャッシングの金利の基準値について、詳しく解説していきます。

キャッシングの金利の上限値

キャッシングの金利は「利息制限法」により、上限金利の値が定められています。

貸付金額上限金利
10万円未満20.0%
10万円以上100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

上限金利を超えて貸し付けを行った場合、法律違反となります。

そのため、上限金利以上の融資を行っているキャッシング業者は、全て闇金であるため融資を受けないように気をつけて下さい。

キャッシングの金利の平均値

キャッシングの金利の平均値は、消費者金融・銀行・クレジットカードの3つの分野で、大きく分かれます。

消費者金融銀行クレジットカード
上限金利の相場18.0%15.0%18.0%
下限金利の相場3.0%2.0%15.0%

金利の平均値が一番高いのがクレジットカード、続いて消費者金融、銀行と続きます。

一般的に、金利が安くなればなるほど審査が厳しくなるといわれています。

そのため、1番審査が厳しいと言われている銀行の金利がやや低い値となっているのです。

おすすめキャッシング業者の金利を比較

おすすめのキャッシング業者の金利を比較します。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • 三井住友カード カードローン

どのキャッシング業者も、大手で融資の実績が豊富です。

また、即日融資に対応していて、困った時にすぐにお金が借りられます。

4つのおすすめキャッシング業者の、金利を比較した表です。

実質年利
(金利)
利息の日割り計算サービス
アイフル3.0%~18.0%最大30日間利息0円
プロミス4.5%~17.8%最大30日間利息0円
SMBCモビット3.0%~18.0%Tポイントサービス
三井住友カード カードローン・振込専用タイプ:1.5%~14.4%
・カードタイプ:1.5%~15.0%
金利優遇制度

銀行系カードローンである「三井住友カードのカードローン」が、4社の中で1番金利が低い結果となりました。

しかし他3社も、独自のサービスを展開しているため、うまく活用すれば総支払額を大幅に下げることが可能です。

独自のサービスを活用して、総支払額を下げることをおすすめします。

まとめ

● 金利とは返済総額における利息の割合を示したもの
● キャッシングの金利の上限値は「利息制限法」によって定められている
● 一般的に審査が厳しいほど金利が低い傾向にあるとされる

金利とは、返済総額における利息の割合を示したものです。

そして多くのキャッシング業者では、金利を「実質年利」として記載しています。

キャッシングの金利の上限値は「利息制限法」によって定められています。

上限値を超えて貸し出しを行っている業者は、法律違反の闇金のため手を出さないように気を付けましょう。

また、金利の平均値は業界によって異なります。

一般的に審査が厳しいほど、低い金利で借り入れが可能です。