キャッシングとは?カードローンとの違いを解説

キャッシングとカードローンの違いについて、説明できますか?

キャッシングとカードローンを混同して使用している方が多くいます。

しかしこれら2つの単語には明確に違いがあり、使用方法も異なるのです。

この記事ではキャッシングとは何か、そしてカードローンとの違いについて、詳しく解説します。

キャッシングとカードローンの理解を深めるために、ぜひ参考にしてみて下さい。

①キャッシングの意味とは
②カードローンの意味とは
③キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは?

キャッシングとは「現金を借りられるサービスの総称」です。

そのためキャッシング業者は、現金を貸し出すサービスを展開する業者、という意味になります。

日本で主に展開されているキャッシングは、2つあります。

  • カードローン
  • クレジットカード付帯のキャッシング

キャッシングとは、現金を借りられるサービスの総称です。

カードローン

カードローンは、現金の借入専用のサービスです。

キャッシング専用のカードが発行されることが多いため、カードローンと呼ばれます。

カードローンは消費者金融や銀行といった、カードローンを提供する業者と契約を結び、利用可能な枠内で借入が可能です。

利用可能額は審査によって決定されますが、クレジットカード付帯のキャッシングに比べ、使用できる幅は広いといわれています。

利用可能額内であれば自由に引出しができ、その返済方法も臨時収入があった際の繰り上げ返済や、リボ払いなど選択幅が広いことが特徴です。

また、キャッシング金利がクレジットカード付帯のキャッシングに比べて低く、本格的に借入を行いたい場合はおすすめです。

クレジットカード付帯のキャッシング

クレジットカード付帯のキャッシングは、ショッピング等で利用できるクレジットカードに、キャッシングの機能が付いたものです。

クレジットカード会社と契約を結び、キャッシング枠を追加することで借入可能となります。

クレジットカード付帯のキャッシングであるため、クレジットカードの審査に通りさえすればキャッシングも利用することが可能です。

審査はカードローンに比べて緩く、クレジットカード業者によっては、未成年でも利用できる可能性があります。

しかしカードローンに比べて金利が高い傾向にあり、返済方法や借入方法の自由度も低いです。

そのため「たまに臨時でお金が必要になる」といった、本格的な借入を行わない場合におすすめとなっています。

ちなみに一般的にキャッシングというと、この「クレジットカード付帯のキャッシング」を指す場合が多いです。

キャッシングとカードローンの違い

先述しましたが、一般的にキャッシングというと「クレジットカード付帯のキャッシング」を指す場合が多いです。

そのためここでも、クレジットカード付帯のキャッシングとカードローンの違いについて、解説していきます。

クレジットカード付帯のキャッシングサービスと、カードローンの違いについて、下記の表にまとめました。

カードローンクレジットカード付帯のキャッシング
使用用途・現金の借入専用・ショッピング
・現金の借入
発行元・銀行
・消費者金融
・カードローン業者
・クレジットカード会社
キャッシング金利低い高い
キャッシング枠高額低額
審査やや厳しいやや緩い
借入方法・銀行ATM
・コンビニATM
・指定口座への振込
・無人ATMなど
・銀行ATM
・コンビニATMなど
返済方法・一括返済
・リボ払い
・繰上返済など
・一括返済
・リボ払い

カードローンは、クレジットカード付帯のキャッシングに比べ、キャッシング枠が高額であったりキャッシング金利が低かったりと、現金が借りやすいようになっています。

しかし融資を受けるための審査がやや厳しい傾向にあり、本格的にお金を借りたいといった方におすすめです。

一方クレジットカード付帯のキャッシングは手軽に持つことができるため、たまにお金が必要になるといった、ライトユーザーにおすすめとなっています。

カードローンは本格的な借入、クレジットカード付帯のキャッシングはライトな借入におすすめです。

まとめ

● キャッシングとは、現金を借りられるサービスの総称
● キャッシングには「カードローン」と「クレジットカード付帯のキャッシング」がある
● カードローンは本格的な借入をしたい方に、クレジットカード付帯のキャッシングはライトユーザーにおすすめ

キャッシングは、現金を借りられるサービスの総称です。

キャッシングサービスは大きく分けて、カードローンとクレジットカード付帯のキャッシングに分けることができます。

カードローンとクレジットカード付帯のキャッシングには、キャッシングの金利や審査の難易度といった項目で、大きな違いがあります。

本格的な借入を行う場合はより借入しやすいカードローンが、時々借りたいといった場合はライトなクレジットカード付帯のキャッシングがおすすめです。