キャッシングの「審査が甘い」は嘘?騙されないために知っておきたいポイント

キャッシングを利用したいけど審査が怖い、そんな風に思っている人も多いはずです。そんなときに「審査が甘い」というキャッシング業者があれば、頼ってしまいたくなりますよね。しかし審査が甘いキャッシング業者は「闇金」の可能性があり、危険な場合があります。

この記事では、審査が甘いキャッシング業者の危険性について解説します。騙されないために知っておきたいポイントも解説するため、ぜひ最後までご覧ください。

①審査が甘いは嘘
②闇金と関わるデメリット
③闇金を見分ける方法

審査が甘いは嘘!闇金の可能性がある

「審査が甘い」と謳っているキャッシング業者は闇金の可能性があります。そのため、絶対に手を出さないようにしましょう。

通常、キャッシングサービスを利用する際には「審査」を通過する必要があります。審査とは、借り手の返済能力や信用力を図るためのものです。審査を行うことで貸し手の貸し倒れを防ぐほか、借り手が多重債務に陥ることを防ぐ目的があります。審査をして返済能力を調べることは、法律で定められています。

闇金業者とは、法律を無視して貸し付けを行う違法業者です。そのため本来であれば調べなければならない借り手の返済能力を調査せず「審査が甘い」という言葉で借り手を騙します。

闇金と関わると法外な利息を請求されたり、違法な取り立てが行われたり様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。そのため、絶対に闇金とは関わらないように気を付けましょう。

「審査が甘い」キャッシング業者は闇金の可能性があります。闇金とは関わらないように気を付けましょう。

闇金を見分ける方法!闇金業者の特徴とは?

闇金を見分ける方法を3つ紹介します。3つの特徴に当てはまる場合は、絶対に関わらないようにしましょう。

闇金リストに載っている

闇金リストに載っているキャッシング業者は闇金のため、気を付けましょう。

闇金リスト」とは、金融庁がホームページで公開している闇金業者の一覧表です。金融庁が収集した、必ず闇金リストであると認定されたキャッシング業者が載っています。

闇金リストには業者名や詐称している登録番号、勧誘手段が掲載されています。借りようと思ったキャッシング業者が怪しいと感じた場合、一度調べてみるといいかもしれません。

貸金業登録がされていない

貸金業登録がされていない場合は闇金です。通常、キャッシング業者が事業としてお金を貸し出す際、貸金業の登録を行います。登録を行うと登録番号が付与され、金融庁ホームページの「登録貸金業者情報検索サービス」から詳細を確認できます。

しかし闇金の場合、貸金業登録を行わずに営業を行うことがほとんどです。そのため「登録番号を教えてくれない」場合は、貸金業登録を行っていない危険な業者のため注意しましょう。

また、なかには偽の登録番号を提示している闇金業者もいます。登録番号があっても少しでも怪しいなと感じたら、利用することをやめることをおすすめします。

契約内容が違法

闇金業者が提示する契約内容は違法です。例えば下記のような場合があります。

  • 20.0%を超える金利が設定されている
  • 審査を行わない
  • 利息計算や返済方法、返済期間などの問い合わせに具体的に答えてくれない

貸金業法で、キャッシングの金利は最大でも20%までと定められています。しかし闇金は「トイチ(10日で1割)」や「トゴ(10日で5割)」など違法金利を設定している場合もあります。このような金利で借りると、借金は減るどころか膨らみ続けて多重債務に陥る可能性があります。

また闇金は審査を行わずいきなり貸し付けを行ったり、契約内容について具体的に答えてくれないなどの特徴があります。契約前に怪しいと感じたら、借り入れをやめる勇気を持ちましょう。

キャッシングの契約前に、少しでも怪しいと感じたら借り入れをやめる勇気を持ちましょう。

まとめ

・審査が甘いキャッシング業者は闇金の可能性があり危険
・闇金を見分ける方法を知って危険な業者を回避する
・少しでも怪しいと感じたら借り入れをやめる勇気を持つ

「審査が甘い」と謳っているキャッシング業者は、闇金の可能性があります。闇金と関わると法外な利息を請求されたり、違法な取り立てが行われたり様々なトラブルに巻き込まれる可能性があり危険です。そのため、闇金を見分ける方法を知って危険な業者を回避することが重要です。

闇金を見分ける方法は、闇金リストの確認・貸金業登録の確認・契約内容の確認の3つです。契約前に、少しでも怪しいと感じたら借り入れをやめる勇気を持ちましょう。