キャッシング申し込み前に知っておきたい注意点とリスク

必要なときに現金が借りられる便利なサービス、キャッシング。しかしキャッシングには、リスクが伴います。あらかじめリスクや注意点を、しっかりと知っておくことが重要です。

この記事ではキャッシングの注意点やリスクについて解説します。キャッシング申し込み前に、チェックしてみてください。

①キャッシングを利用するリスクを知る
②キャッシングを利用する際の注意点を知る
③リスクと注意点を抑えて安全なキャッシンを心がける

キャッシングを利用する主なリスクとは?

キャッシングを利用する際、一般的にいわれているリスクは3つあります。

  • 借り入れには利息がかかる
  • 返済できなくなる危険がある
  • 信用情報が低くなる可能性がある

それぞれのリスクについて、詳しく解説します。

借り入れには利息がかかる

キャッシングを利用する際、利息がかかります。利息とは借りたお金の対価として、借り手が貸し手に支払うものです。お金を借りた手数料と考えてもいいでしょう。

借り手は貸し手に「返済金=元本(借入金)+利息」を返す必要があります。つまり借り入れた金額よりも利息分、高いお金を返す必要があるのです。借入金だけを返せばいいという訳ではないため、注意しましょう。

返済できなくなる危険がある

キャッシングには、返済できなくなるリスクがあります。先述したとおり、キャッシングには利息が発生します。利息は借入の残金に対してかかるため、返済が長引けば長引くほど、借入金が膨らんでいく可能性があるのです。

借入金が膨らむと、当然ながら返済の難易度が高まります。そして返済するためのお金を追加で借りたりして、多重債務に陥る可能性もあります。

信用情報が低くなる可能性があります。

キャッシングをすると、信用情報が低くなる可能性があります。信用情報とは、金融に関するやり取りが記録された情報です。信用情報はローンの契約やクレジットカードの発行など、金融の契約の際に必ず確認されます。そのため信用情報が低いと、金融の契約が結びにくくなるというデメリットが生じてしまうのです。

キャッシングの情報も、信用情報に記録されます。返済を滞納していたり、収入に比べて大きく借り入れしていたりすると、マイナス情報となる可能性があります。そのため、キャッシングをすることで信用情報が低くなるリスクがあるのです。

キャッシングを利用するリスクは、利息がかかる・返済できなくなる危険がある・信用情報が低くなるの3つです。

キャッシングを利用する際の注意点とは?

上記で紹介したリスクを回避するためにも、キャッシングを利用する際に注意したい点は2つあります。

  • 返済計画を立てる
  • 繰り上げ返済を利用する

2つの注意点について、注意する理由を紹介します。

返済計画を立てる

あらかじめ返済計画を立ててから、キャッシングを利用するようにしましょう。何のために何万円必要なのか算出するところから、毎月何万円返済してどれくらいの期間で完済するのか全て計画しておきます。

返済計画を立てることで借入金が増えにくく、完済までの期間が長引きにくくなる効果が期待できます。すると多重債務を回避できるほか、利息を抑えられるため支払総額を減らすことが可能です。ほかにも返済残高や返済日の把握ができ、お金の管理がしやすくなるといったメリットがあります。

繰り上げ返済を利用する

お金の余裕がある際は、できる限り繰り上げ返済を利用しましょう。繰り上げ返済とは、毎月の決まった返済にプラスして行う臨時の返済です。多くのキャッシング業者で、繰り上げ返済が行えます。

繰り上げ返済するメリットは、利息を抑えられることです。利息は借入残高に対してかかるため、早く返済すればするほど利息を減らせます。結果として支払総額も減らせるため、お金に余裕がある月やボーナスなどの臨時収入が入った月は、積極的に繰り上げ返済をしていくことがポイントです。

キャッシングを利用する際の注意点は、返済計画を立てることと繰り上げ返済を利用することです。

まとめ

・キャッシングを利用するリスクは、利息がかかる・返済できなくなる危険がある・信用情報が低くなるの3つ
・リスクを抑えるためにも2つの注意点を意識する必要がある
・キャッシングを利用する際の注意点は、返済計画を立てること・繰り上げ返済を利用することの2つ

キャッシングの利用には、リスクが伴います。具体的なリスクは、利息がかかる・返済できなくなる危険がある・信用情報が低くなるの3つです。どのリスクも日常生活に支障をきたす恐れがあるため、できる限りリスクを抑える必要があります。

リスクを抑えてキャッシングを利用するためにも、返済計画を立てること・繰り上げ返済を利用することの、2つの注意点を意識するようにしましょう。