キャッシングは借金と同じ扱いなのか?キャッシングの性質を解説

キャッシングは必要な時にお金が借りられる、便利で頼りになる存在です。しかし「キャッシングは借金だから手を出すのが怖い」といった暗いイメージを持ち、利用をためらっている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、キャッシングは借金と同じ扱いになるのか、キャッシングの性質について詳しく解説します。

①キャッシングと借金の違いを理解する
②闇金から借金してはいけない
③キャッシングする際のポイント

キャッシングは借金扱いされる?

結論から申し上げますと、キャッシングは借金です。借金は読んで字のごとく「お金を借りる」ことを意味します。そしてキャッシングとはお金を借りるサービス全般を指します。

しかし借金だからといって、キャッシングを必要以上に恐れる必要はありません。後述しますが、返済計画を立てて必要なお金をかりる分には、むしろキャッシングはお金を貸してくれる頼りになる存在なのです。

キャッシングは借金扱いされます。しかし計画的に借り入れれば、キャッシングを必要以上に恐れる必要はありません。

危険なキャッシング業者も存在する

安全なキャッシング業者からお金を借りる場合、先述した通り、必要以上にキャッシングを恐れることはありません。しかし闇金などの法外な貸し付けを行う企業からは、絶対に融資を受けてはいけません。

日本では貸金業者に対する法律があり、融資金額や上限金利が制定されています。これは債務者が破綻する危険を回避するためにあるものです。闇金はこれらの決まりを守らず法外な貸し付けを行うため、債務者がトラブルに巻き込まれる可能性が高まってしまいます。

闇金から借り入れると、トラブルに巻き込まれる可能性があるため危険です。

借金が怖い方がキャッシングを利用する際のポイント

「キャッシングがどうしても怖い」そんな方は以下のポイントを抑えることで、比較的安全にキャッシングを利用することができます。

キャッシングの目的を明確にする

キャッシングで借り入れる前に、お金を利用する目的を明確にしましょう。借り入れの目的が明確であれば、必要以上にお金を借り入れることがないためです。キャッシングで返済する際「利息」が発生します。これは借り入れする手数料のようなもので、借入金が高ければ高いほど利息も膨らみます。

キャッシングの目的を明確にし、最低限の借入金にすることで支払総額を抑えることが可能です。

返済計画を立てる

キャッシングを利用する前に、返済計画を立てておきましょう。いつまでに返済を終わらせるのか、そのためには毎月どれくらいずつ返済していくのか、ロードマップを作っておくと良いでしょう。

繰り上げ返済を行う

キャッシングは、通常の返済に加えて繰り上げ返済を行うことができます。繰り上げ返済とは、好きなタイミングで臨時の返済を行えるものです。繰り上げ返済をするメリットは、利息を減らせることです。利息は最初に借り入れた借金に対してではなく、残っている借金に対して発生します。そのため、できる限り早く返済することで、トータルの支払い総額が変わってくるのです。

「今月はお金が余った」、「臨時収入があった」といった場合は、できる限り返済に回すことをおすすめします。

複数の業者から借り入れない

キャッシングは、できる限り1社のみから借り入れるようにしましょう。複数社から借り入れた場合、返済日がバラバラで分からなくなったり、借入金の残高が把握できなくなったりとデメリットが生じます。そうすると遅延金が発生して、借金がなくならないといった事態に発展する可能性があるのです。

キャッシングは目的を明確にし、返済計画を立ててから利用しましょう。また、繰り上げ返済を行ったり業者を1社に絞ることで、無理なく借り入れが可能です。

まとめ

・キャッシングは「お金を借りる」という意味で借金扱いされる
・借金を必要以上に恐れる必要はありませんが、闇金には注意
・ポイントを抑えて無理のないキャッシングを行う

キャッシングは「お金を借りる」という行為から、借金扱いされます。しかし、目的を明確にし返済計画を立ててからキャッシングをする分には、頼りになる存在です。

とはいっても、キャッシングが怖いという方もいるはずです。そんな方は繰り上げ返済を行ったり借り入れ業者を1社に絞ったりと、ポイントを抑えることで無理なく借り入れすることができます。