今すぐお金が必要!無職でも即日融資で借りられる?

「予期せぬ失業や病気などで無職になってしまい、お金が必要になった」。

長い人生、このような不測の事態がいつ起こるかも分かりません。

無職になったどんな事情があるにせよ、お金がなければ生活がままなりませんよね。

そんな時に頼りになるのがキャッシング業者からの融資です。

しかしキャッシング業者から融資を受けるには審査が必要となり、無職の場合は審査が通るのか不安になってしまいますよね。

この記事では、無職でも即日融資でお金が借りられるのか、詳しく解説します。

今すぐお金が必要な無職のみなさん、ぜひ参考にしてみて下さい。

①即日融資と普通の融資、審査基準に違いはあるのか
②無職でも即日融資が受けられるのか
③無収入でもOKを謳っている業者の正体

即日融資と普通の融資の審査基準の違い

即日融資と普通の融資、審査基準に違いはありません。

即日融資とは、申し込みをしたその日に融資が受けられるサービスです。

融資を受けるための審査をスピーディーに行ってくれるだけで、普通の融資と審査内容・審査難易度に違いはないと考えて良いでしょう。

即日融資と普通の融資、どちらの審査でも「安定した収入がある」ことを確認されます。

そのため無職だから即日融資は受けられず、普通の融資は受けられるといった違いはないです。

即日融資と普通の融資、審査の基準に違いはありません。

無職でも即日融資でお金が借りられる?

無職でも即日融資でお金が借りられるか、4つのケースに分けて紹介します。

  • ケース1:無職でも家賃収入がある
  • ケース2:無職でも株や債券の収入がある
  • ケース3:無職でも年金収入がある
  • ケース4:無職で収入が一切ない

今すぐお金が必要な無職は、即日融資が受けられるのか4つのケースを紹介します。

ケース1:無職でも家賃収入がある

無職でも家賃収入がある場合、即日融資を受けられる可能性が高いです。

融資の審査基準は「安定した収入がある」ことです。

家賃収入は、基本的に毎月決まった額が、決まった日にちに入ってきます。

収入が長期間、一定で入ってくると考えられる家賃収入は、審査基準を満たすと判断される可能性が高いでしょう。

ケース2:無職でも株や債券の収入がある

無職でも株や債券の収入がある場合、即日融資を受けられる可能性があります。

ただし株式や債券を多く持ち、配当金収入が見込める場合に限ります。

同じ株や債券の収入でも、短期的な売買を繰り返している場合、安定した収入があるとみなされず融資が受けられないかもしれません。

配当金収入であれば、一定期間で一定額が入ってくるため、審査基準を満たすと判断される可能性があります。

ケース3:無職でも年金収入がある

無職でも年金収入がある場合、即日融資を受けられる可能性が高いです。

年金は、毎月決まった額が口座に振り込まれます。

安定した収入であるため、審査にも通りやすいといえるでしょう。

しかし、年金収入で審査に申し込む場合、年齢制限に気を付けて下さい。

キャッシング業者は、融資対象年齢を「20歳〜69歳」と定めている場合が多いです。

中には対象年齢を65歳としている融資もあるため、気を付ける必要があります。

ケース4:無職で収入が一切ない

無職で収入が一切ない場合、即日融資を受けられる可能性は低いです。

審査基準である「安定した収入」を満たしていると判断されず、即日融資はおろか、普通の融資も通らないと考えて良いでしょう。

そんな収入がない方におすすめな即日融資を受ける方法は、一度アルバイトを始めることです。

安定した収入の基準は、パートやアルバイトでも当てはまります。

そして一度審査に通ったら、その後アルバイトを辞めても、融資を受け続けられる可能性が高いです。

「無職で無収入でもOK」を謳っている業者は危険?

世の中には「無職で無収入でも融資OK」を謳っている業者があります。

それらはほとんどの場合闇金であるため、融資を受けないことをおすすめします。

消費者金融が審査を行う理由は「貸金業法」が制定されているためです。

この法律で債務者の収入を調べ、融資額を決めることが義務付けられています。

そのため無収入で融資を行っている業者は法律違反であり、それら業者から融資を受けるとトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

「無職で無収入でも融資OK」を謳っている業者は危険なため、関わらないようにしましょう。

まとめ

● 即日融資・普通の融資、どちらも審査基準は同じ
● 無職でも安定した収入があれば、即日融資が受けられる
● 怪しい業者からは融資を受けない方が良い

無職でも「安定した収入」があると判断されれば、即日融資でお金を借りられます。

安定した収入とは、企業勤めの正社員である必要はありません。

家賃収入や年金収入、株式の配当金等の収入があれば、即日融資を受けられる可能性は高いです。

世の中には、無収入でも融資が受けられるキャッシング業者があります。

それらは法律違反の闇金であり、融資を受けるとトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

無職で収入が一切ない場合、アルバイトなどで一旦安定した収入を得て、融資を申し込むことをおすすめします。