消費者金融でお金を借りるなら知っておきたい個人信用情報とは?

債務整理を行ったことがある、借金の支払いを滞納したことがある、このような人は「個人信用情報」に傷がついている可能性があるため注意が必要です。

個人信用情報は消費者金融でお金を借りる際、審査に利用される重要な情報とされています。

消費者金融に限らず融資を受けるうえで大事な概念のため、しっかりと知っておくことが大切です。

この記事では個人信用情報とは何か、個人信用情報が傷付くとどうなるのか、詳しく解説します。

①個人信用情報を知っておく
②個人信用情報が傷ついた時のリスクを知っておく
③個人信用情報の保管起源について

個人信用情報とは?

個人信用情報とはクレジットカードやカードローン等の申し込みから借り入れといった、個人単位のあらゆる金融情報が記録されたものです。

一度でもクレジットカード等を契約した場合、必ず個人信用情報が記録されます。

個人信用情報は、信用情報機関によって厳重に保管されています。

現在、日本における信用情報機関は3つです。

それぞれの信用情報機関が対応する事業者は決まっています。

  • JICC:KCS主に貸金業法もしくは割賦販売法に基づく事業者
  • CIC:主に貸金業法の規定に基づく貸金業者や、割賦販売法の規定に基づく包括信用購入あっせんまたは個別信用購入あっせん業者
  • KCS:主に国内で活動する銀行、銀行持株会社および各地の銀行協会を会員とする組織

このうち消費者金融でお金を借りる際は、JICCとCICの信用情報が参照されることが多いです。

個人信用情報とは、個人の金融情報が記録されたものです。

個人信用情報は傷つく?

個人信用情報には、返済の滞納や債務整理などの情報も記録されます。

これらは「異動情報」や「参考情報」として個人信用情報上に残り続けるのです。

これがいわゆる「個人信用情報が傷つく」という状態を指します。

個人信用情報に「異動情報」や「参考情報」が記録されることを、個人信用情報が傷つくと呼びます。

個人信用情報が傷つく原因

個人信用情報が傷つく原因は、各信用情報機関によって異なります。

一般的には下記のようなものが、異動情報や参考情報として記録されます。

  • 返済の延滞
  • 債務整理
  • 代弁返済
  • 強制解約

つまり異動情報や参考情報は、借金の返済期日を守らなかったり借金を踏み倒したりした場合に、記録されます。

金融機関からしたら、要注意人物に当たる印のようなものです。

個人信用情報が傷つくとどうなる?

消費者金融や銀行は、融資の際に個人信用情報を参照し審査を行います。

そのため個人信用情報が傷つくことで、以下のような不利益が生じる可能性があります。

  • キャッシングやローン等の審査に通らない
  • 増額審査に通らない
  • 契約期間の延長ができない

信用情報に異動情報や参考情報があるからといって、必ずしも上記のような事態に陥るという訳ではありません。

審査に通るかどうかは各業者が判断するものであり、個人信用情報に傷が付いていたからといって、融資を禁止する法律は一切ないのです。

あくまで不利益が生じる可能性があるのみですが、できれば個人信用情報を傷つけないように、計画的な借金返済を行った方が良いでしょう。

個人信用情報の登録期限

個人信用情報は一度登録されたからといって、一生残り続ける訳ではありません。

ある一定期間を経ることで、異動情報や参考情報はクリアされます。

JICCとCICの個人信用情報の登録期限は、以下の通りです。

JICCCIC
申込みの記録照会日より6ヶ月以内照会日より6ヶ月以内
返済の延滞延滞継続中および契約終了後5年以内契約期間中および契約終了後5年以内
債務整理契約継続中および契約終了後5年以内登録日より5年以内
代位弁済契約継続中および契約終了後5年以内契約期間中および契約終了後5年以内
強制解約契約継続中および契約終了後5年以内契約終了後5年以内

上記表を見れば分かりますが、ほとんどの記録は契約終了から5年たつと削除されます。

そのため信用情報に傷がついてローンが組めないといった場合、契約終了から5年たつとローンが組める可能性があります。

個人信用情報の異動情報や参考情報は、5年たつと削除されます。

まとめ

● 個人信用情報とは個人の金融情報が記録されたもの
● 借金の返済期日を守らなかったり、借金を踏み倒したりすると記録される
● それら異動情報や参考情報は、5年たつと削除される

個人信用情報とは、個人の金融情報が記録されたものです。

これらの記録は融資の審査の際に参照されます。

もし借金の返済期日を守らなかったり借金を踏み倒したりすると、個人信用情報に異動情報や参考情報が記録されてしまうのです。

この異動情報や参考情報がある状態では、新たなローンが組めない等の不利益が生じる場合があります。

異動情報や参考情報は契約終了から5年で削除されますが、できれば個人信用情報が傷つかないように計画的な返済を心がけましょう。