プロミスの在籍確認のタイミングや必要書類、内容を解説

どうしても現金が必要な時、人には言えない入り用な時、そんな時に助かるのがカードローンです。

簡単な審査で即日融資も可能なカードローンですが、実は利用方法はあまり知られていないのではないでしょうか?

住宅ローンや自動車ローンは間に業者が介入しているので、その指示に従って行えば良いのですが、プロミスなどの利用方法はなかなか人に相談するのにはハードルが高いものです。

事前にしっかりと理解し、利用方法なども把握しておくということはとても大切です。

たとえ簡単な手続きと言っても、しっかりとした審査があるということも忘れてはいけません。

では、プロミスの審査など利用について解説していきます。

①どうやって申し込めばいいのか?
②どのような書類が必要なの?
③審査ってどんなことがされるの?

プロミスの利用方法

「プロミスの利用条件は?」

気になるところですよね。

簡単に融資が受けられると言っても、やはりしっかりした審査は行われます。もちろん利用条件もあります。

プロミスでは、申し込み時の年齢が20~69歳で本人に安定した収入のある方となっています。

パートやアルバイト、主婦や学生の方でも審査は可能です。安定した収入があっても、未成年者は利用できません。専業主婦や主夫の場合には、本人に収入がないために利用できません。これらの条件をクリアしていれば申し込みが可能です。

利用方法はWEBやアプリを開き、必要事項を記入すると自動審査が行われ、その後に記載内容が正しいか勤務先へ在籍確認が行われます。最短で30分で完了し、即日利用することができます。

必要書類にはどのようなものがあるか

希望借入額が50万円以下の場合には本人確認書類のみでOKです。

原則として収入証明や印鑑、保証人や担保も不要です。

本人確認書類は運転免許証やパスポートを添付します。もしくは健康保険プラス住民票などでも申請できます。外国籍の方は、在留カードや特別永住権証明書を用意しましょう。

記載されている住所と現住所が異なる場合には公共料金の領収書や住民用の写し、納税証明書や社会保険証の領収書などを添付します。

在籍確認とは何なのか?

在籍確認とは申し込み内容が正しいか勤務先に電話で確認を行うことです。

  • 実際に記入した仕事を行っているか?
  • 本人になりすまして申し込まれていないか?
  • 安定した収入がないのに借り入れを行っていないか?

以上のことをチェックすることで、金融会社はもちろん利用者保護にもなる重要な作業です。

在籍確認は電話にて行われるので、利用することを知られたくない利用者からしたらハードルが高いものです。

しかし、電話は個人名でかけられるので、よほど勘が良い方でない限りは気がつくことは少ないでしょう。本人が不在の場合でも電話の内容などで在籍しているかを判断することができるので、仕事に支障を生じるという心配はありません。

まとめ

・簡易審査でまずは適性を確認しよう
・事前に書類を揃えておくとスムーズ
・審査の要、在籍確認

簡単に利用できると言っても、しっかりした審査が行われます。

申し込み書類の記載内容が正しければ審査は最短で30分で完了し、即日融資も可能です。

利用者に負担が無いようにWEB完結申し込みがあり、書類の郵送などの手間が省けます。

店舗に出向くのは少しハードルが高い場合がありますが、WEBであれば誰にも知られずに利用できます。

在籍確認も担当者がしっかりと配慮して行うので、周囲にバレるリスクも限りなく低いと言えるでしょう。借り入れ金額が50万以下であれば書類も少なくてOKなので、困った時に強い味方になってくれるでしょう。

利用条件などをしっかりと把握し、安全に利用することを忘れないようにしましょう。