キャッシングを申し込んで融資を受けるまでの方法・流れをわかりやすく解説

「キャッシングの申し込みを検討しているけど、融資を受けるまでの方法や流れがわからなくて不安」そんな人も多いのではないでしょうか。確かに流れがわからないと、何をすればいいのかわからなくて心配になってしまいますよね。

そこでこの記事では、キャッシングを申し込んでから融資を受けるまでの方法や流れについて分かりやすく解説します。キャッシングの申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

①融資を受けるまでの方法を知る
②審査のポイントを知る
③融資を受けるまでに必要なものを知る

キャッシングを申し込んでから融資を受けるまでの方法・流れ

キャッシングを申し込んでから、融資を受けるまでの流れは以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. 契約
  5. 融資

キャッシングを申し込む方法や、それぞれの段階で何が行われるか紹介します。

申し込み

まずはキャッシング業者を選んで、申し込みをします。主な申し込み方法は、以下のとおりです。

  • Web/スマホ
  • 電話
  • 店舗
  • 郵送

おすすめの申し込み方法は「Web/スマホ」からの申し込みです。24時間いつでもどこからでも申し込めるため、地方に住んでいる人や忙しい人でも、無理なく申し込めます。

仮審査

申し込み後は、仮審査に進みます。仮審査では申し込みの際に記載した内容を元に、コンピュータが自動で審査をします。

申込みフォームに記載された内容を点数化し、機械的に審査を行うため「最低限の足切り」と考えてもよいでしょう。機械的に行うため、仮審査の結果は即座にでます。

本審査

仮審査に通過すると、本審査に進みます。仮審査とは異なり人間によって審査が行われるため、より厳密に融資を行うかどうか判断されます。本審査でポイントとなるのは、提出書類の正確性と在籍確認ができるかどうかです。

本審査では、本人確認書類を提出します。また借入希望額が多い場合は、収入証明書の提出が必要とされる可能性があります。

また本審査では、在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込者が実際に職場で働いているか確認するものです。一般的に電話で在籍確認がされますが、事前に相談することで書類への審査へ切り替えてくれる可能性もあります。

契約

審査に通過したら契約手続きを行います。契約内容や個人情報取扱いの確認し、問題がなければ同意して契約の流れです。多くの場合、契約はWeb上の手続きのほか、無人契約機や店頭で行うこともできます。

また、この段階でキャッシング用のカードも発行されます。近年ではカードレスのキャッシングサービスも増えてきたため、必ずしもカードが必要というわけではありません。

融資

契約後は、借入上限金額の範囲内で自由にキャッシングができます。キャッシング方法はキャッシング業者によって異なりますが、具体的には以下のような方法があります。

  • コンビニATM
  • 銀行ATM
  • 口座振り込み
  • スマホATM

借入時に注意したいポイントは「手数料」です。コンビニATMなどの利用には、手数料がかかる場合があります。手数料は1回当たり100円~200円程度ですが、何度も借り入れを繰り返すと大きな金額になってしまいます。

キャッシング業者によっては、手数料無料の借入方法を設定している場合もあります。最終的に支払総額が少なくなるような借入方法を選択しましょう。

キャッシングは「申し込み→仮審査→本審査→契約→融資」という順番で進みます。

まとめ

・キャッシングの流れは「申し込み→仮審査→本審査→契約→融資」
・キャッシングの申し込み方法はWebやスマホからがおすすめ
・本審査では在籍確認が行われるため注意

キャッシングは「申し込み→仮審査→本審査→契約→融資」という流れで進みます。申し込みの方法はいくつかありますが、24時間いつでもどこからでも申し込めるWebやスマホからの申し込みがおすすめです。

本審査では、人間による厳密な審査が行われます。そのさいに実際に職場で働いていることを確認する「在籍確認」が行われるため、対応できるようにしておきましょう。