キャッシングの審査が通らない理由とは?

キャッシングを申し込んだけど審査に通らなかった、そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。キャッシングの審査に通らない理由は様々です。次の審査に通るためにも、審査に落ちるよくある理由を知っておきましょう。

この記事では、キャッシングの審査が通らない理由や、再申し込み時の注意点について詳しく解説します。

①キャッシングの審査に通らない理由は様々
②審査に通らない理由を潰すことが重要
③キャッシングの再申し込みには注意を払う

キャッシングの審査に通らない理由とは?

キャッシングの審査に通らない主な理由を紹介します。

過去に延滞や滞納したことがある

過去の支払いで延滞や滞納をしたことがある場合、審査に落ちる可能性があります。個人の金融取引情報は、信用情報機関に記録されています。この情報はキャッシングの審査時に参照されます。そのため過去に滞納や延滞があれば、審査にマイナスに働く場合があるのです。

記録される滞納や延滞の情報は、キャッシングのみに限りません。電話の分割払いや車のローンなども同じ様に情報に残るため、注意が必要です。

他社での借入金が多い

他社ですでに借り入れを行っている場合、融資を受けられない場合があります。

商売としてお金を貸し出す場合「総量規制」によって、申込者の年収の3分の1までしか融資してはいけないと定められています。ここで注意しなければいけないことは、1社の借入額ではなく、申込者が借りている全てのお金を合わせて3分の1までとなっている点です。

そのため他社ですでに借り入れがある場合は、その借入額を考慮して借入希望額を提示する必要があります。

安定した収入がない

キャッシング業者の多くは、申込条件として「本人に継続した安定収入があること」を設けています。そのため安定した収入がないと判断された場合、融資を受けられないのです。

ほかにも「20歳以上70歳未満」や「学生不可」など、キャッシング業者によって申込条件は異なります。あらかじめ条件を確認したうえで、申し込みましょう。

複数のキャッシングを申し込んだ

短期間に複数の業者に申し込んだ場合、審査に落ちる可能性が高くなります。

キャッシングの申し込み情報は、信用情報機関に登録されます。こちらも過去の支払い情報と同じく、参照され審査の判断に使われます。

そのためほかのキャッシングに落ちるのが怖いからといって、何社も申し込むことはおすすめしません。

在籍確認ができなかった

審査の一環として「在籍確認」があります。この在籍確認ができない限り、審査に通ることはありません。

在籍確認とは、申込者が実際に会社で働いていることを確認するものです。方法は「電話連絡」か「書類確認」で行われます。キャッシング業者によって確認方法は異なるため、あらかじめ調べておいて対策しておくことがポイントです。

キャッシングの審査に通らない理由は、様々です。あらかじめ知っておいて、回避するようにしましょう。

キャッシングの審査に再申し込みするときの注意点は?

キャッシングの審査に再申し込みするとき、必ず審査に落ちた理由を考えて対策を行っておきましょう。同じ状況では何度申し込んでも、落ちてしまう可能性が高いです。

また再度申し込む際は、しばらく時間を空けることをおすすめします。「信用情報開示制度」を活用することで、自分の信用情報を確認することができます。過去の滞納やキャッシング申し込み履歴が消えてから申し込む方が、審査に通りやすくなります。

キャッシング審査の再申し込み前に、審査に落ちないように対策を行っておきましょう。

まとめ

・キャッシングの審査に通らない理由は、過去の延滞や安定した収入がないなど様々
・再度キャッシングに申し込む際は、対策を行っておく
・「信用情報開示制度」を活用すると、自分の信用情報が確認できる

キャッシングの審査に通らない理由は、いくつか挙げられます。過去に延滞したことがある人や他社で借入をしている場合、審査に通らない可能性があります。

キャッシングの審査に再度申し込む際は、キャッシングの審査に通らない理由を踏まえつつ対策を行っておきましょう。

審査に落ちたときと同じ状態で審査を受けても、落ちる可能性が高いためです。また「信用情報開示制度」を活用して、自分の信用情報を確認しておくこともおすすめです。